小ネタ

あれからワーフリは良いゲームになったのか?改善された点

※2020/8の記事に1.5周年時点の現状を追記しました。

風パナーフ事件から8ヶ月、今のワーフリは面白くなったのでしょうか?

「あのナーフは無い」「キャラの弱体化じゃないからセーフとかいう謎擁護にムカついた」「事件から露骨に配布が渋くなった」「コンテンツが少なすぎて虚無」等々辞めた理由は色々あると思います。
僕も一度辞めたプレイヤーの一人です。
ただやるゲームも無かったのでハーフアニバーサリーの170連無料で帰ってきました。結局いいキャラが引けたので今でも無課金で続けているわけですが、その中で「改善されたな~」という部分も多数あります。

なので今回はワーフリの良くなった点についてお話しようと思います。
この記事を参考にワーフリに復帰するか考えてみて下さい。

あれからナーフはあったのか?

風パナーフから、再度壊滅的なナーフが実施された例はあるのでしょうか。

結論から言うとありません。

表記ミスや細かい挙動とかの修正はあったみたいですが、「バランス調整」と銘打ったような調整はありません。

これは運営がバランスを考えるようになってナーフが必要なくなったのか、偶然今ぶっ壊れコンボが無いだけなのかはちょっと分からないですが。

ちなみに現状を見ていると風パナーフはある程度仕方なかったものと思います。当時の風パに合わせてボスを調整していたほうが悲惨な結果になっていた用に思えます。まぁただタイミングの悪さとかその後のサポートが全然無かったのは悪手でしたね。

※マルボや逆境の性能が調整されました。この調整で壊滅的な被害は出ませんでしたが、マルボの時は運営が告知前に調整を実装してしまい、ボヤ騒ぎになりました。

ガチャの配布が良くなった

ハーフアニバーサリーが来るまでの間、ワーフリの配布は渋かったと思います。

確定しているのはデイリーを全部こなして10連、月1の謎配布で10連

ワーフリのシステム的に、星5が出ても被ったらそれは当たってないも同じなので、無課金勢は月20~30連で6%の星5を当てないとやっていけなかったんですよね。

無課金勢が消えるとゲーム全体が傾くのは風パナーフ事件で分かったと思います。

では現在はどうなっているのか?

今はかなりガチャが引けるようになりました。

配布が多くなったと言うよりは、イベント報酬に10連ガチャチケットが追加された他、イベントミッションにも10連分の石やチケットが追加され、ゲームをプレイしている人に対して見返りが増えたといった感じです。

思い返して見ればワーフリっていくらゲームやってても石を入手する手段がないゲームだったので、「石をゲットするために強くなる→ゲットした石で強くなる」のサイクルが出来上がったのは良いことだと思います。

実際、「ワーフリ配布渋い」という意見は見かけなくなりました。代わりに「ワーフリのガチャ確率はおかしい」という人が増えましたが、これはガチャをある程度引けているから出る意見ですよね。実感としても「ガチャ引けないからキャラがいない」から「運が無いからキャラがいない」へと変わりました。無課金勢はこれぐらいの待遇でちょうど良いと思います。

※大体月に9000石、10連チケ2枚がもらえます。

育成が楽になった

始まったばかりの頃は育成がめっちゃキツかったですよね。マナはすぐ足りなくなるし、曜日クエストで属性の素材集めは1週間に2回しか来ない、ほりだしものはボッタクリ等。
風パナーフも「こんな育成キツイのに弱体化されたらやってられるか!」って人も多かったと思います。

ですが、今は育成がかなり改善されています。

まず属性毎の素材クエストは毎日開催されているし、ほりだしものは適正価格になったし、イベント報酬でマナも素材も腐るほど手に入るようになりました。ソロバトルに2倍速機能が実装されたことで周回時間も短くて済みます。超級クエを楽にクリアできるようになればさらにマナを増やすことも可能です。

このように、育成面についてはかなりよくなりました。このおかげでアビリティを全開放して「マルテ」や「デュランダル」も手が届きやすくなったと思います。

※初期に比べたら育成は楽になりましたが、序盤は流石にキツイです。育成が楽になるまでの育成にはそれなりに時間が必要なイメージです。

キャラ編成画面が見やすくなった

前々から要望が多くあったであろうキャラ編成画面。アビソが見えないので編成をTwitterとかで共有しづらいデメリットがありました。僕自身も要望を行いましたね。

そして8月18日、アップデートで編成画面が改善されました。

アビソだけでなく、スキルウェイトまで見れるようになったのはありがたいですね。ユニゾンに置いているキャラの発動しないアビリティが確認できるようになったのも何気に便利です。

このように、ちょっとずつワーフリも改善してきています。

※更にバフの合計値が見れるようになるなど編成画面がわかりやすくなりました。

今後のワーフリ

今後予定されているワーフリの新要素として、

「アビリティ4~6の実装」

があります。現在ワーフリのキャラは3つまでしかアビリティを持ちませんが、これが増えます。増やすためには高難易度のソロバトルをクリアしないといけないので今後はこのアビリティ4~6の開放がプレイヤーの目標になると思います。

※アビ4~6は元のキャラの特性を伸ばすもので、強いキャラがより強くなる要素でした。
そのため、弱い★5を今後上方修正するらしいです。

今からワーフリを始めるなら

ここまでワーフリが良くなった話をしてきました。

ただ、これらの改善点は「昔からワーフリをやっていた人」に恩恵があるものがほとんどだと思います。無課金勢ならハーフアニバーサリーで170連を引いた人。

今から無課金を前提にワーフリを始めると考えるといくつか高いハードルがあります。

まず最初に、ゲームを開始して最初に貰える石が10連分しかないこと。地道にストーリーをクリアすれば何十連かは引くことが出来ますが、スタートダッシュのガチャとしては配布が渋いなぁと思います。

そして限定キャラと限定イベ武器が多いこと。幸い限定キャラには人権ほどのキャラはほとんどいませんが(半ネフぐらい?僕は当たりませんでした。)、イベ武器はかなり強いのが多くて、復刻を待たないといけません。

恒常で取れる超級武器では物足りない属性もあるので、イベ武器はなるだけ取っておくべきですが、始めたてだとイベントに参加することすら難しいように思えます。ストーリー全クリしても星5当たらない時はマジで当たらないですからね。

なのでワーフリのゲーム自体は改善の道を歩んでいるものの、まだ道半ばであり、完成までは早くても1周年の頃かなぁと思います。

1周年記念ではおそらく毎日無料10連キャンペーンがあると思うので、これから新規で始めたい人はこういった無料10連が引けるタイミングで始めることをオススメします。(初めてワーフリやるならまだしも、リスタートする復帰勢が最初で躓いたら流石にもう3度目は無いと思うので…)

まとめ

  • ワーフリは良いゲームになりつつある!
  • でも完成までに時間がかかりそう!
  • 始めたい人は無料10連やってる時から始めよう!

サイゲのゲームは1年経つまでβ版みたいなものと耳にしたことがあります。ワーフリやってるとそんな気がしてきます。

風パナーフ事件からハーフアニバーサリーの無料170連で盛り返したように思えるワールドフリッパー、消えるには惜しいゲームと思うようになってきたので、盛り上がってほしいなぁと思います。

今日は午後からタイムアタックと幽玄域が実装されるので楽しみですね。