生活

雨の音を気にしないで寝られるシリコン耳栓を買ってみた【Loop Quiet】

快眠のために耳栓を買ってみました。

元々寝てる時に家周辺の音で起きてしまうことがあったのと、
これから梅雨の季節、雨の音でぐっすり眠れないことが予想されるので、
あったほうが良いと思い、購入してみました。

今回購入したのはAmazonにあった「Loop Quiet(ループクワイエット)」というシリコン製の耳栓です。

最初は「モルデックス」のお試しを買って試したのですが、使い捨てだとコストが掛かるので、洗って繰り返し使えるものが良いと思って「Loop Quiet」を購入しました。

僕が買ったのはホワイトのやつです。

※2022/6/24追記:遮音性について追記、デメリットを追加

遮音性について

「Loop Quiet」の遮音性は、27db低減と書かれてあります。

「モルデックス」の耳栓は遮音値33dbだったので、少し遮音性が劣りますね。
なので購入する時は心配でしたが、実際に使ってみると問題はありませんでした。

結構強めの雨が降っていても、起きて耳栓を外すまで分かりません。
朝方になって雨音が聞こえるとそれだけで1日のテンション下がるので、これは嬉しいですね~

追記:流石にゲリラ豪雨みたいな雨の音は聞こえてしまいます。それでも音量はかなり小さくなるので耳栓が無いよりはマシですが。

つけ心地

イヤーチップがXS、S、M、Lと4種類ついているので、自分の耳にあったサイズの耳栓にカスタマイズすることができます。

普通のイヤフォンのようにチップのつけ外しができるので、別のイヤフォンの余ってるイヤーチップを装着することもできます。

最初は耳の穴にフィットするように左耳はXS、右耳はSサイズにしていましたが、寝返りをうつと耳に圧迫感があって寝心地がよくありませんでした。
そしてたまに右耳の耳栓が外れてたり。

ですが、しばらく使っていると耳栓の装着に慣れてきて、外れにくい位置にはめることができるようになったので、イヤーチップのサイズも両耳ともMサイズにして、今は快適に使えています。

Loop Quietのつけ方

つけ方は色々あります。

一応パッケージに使い方動画のリンクが張ってありましたが、この記事を書くまで知らなかったですし、ぜんぜん違うつけ方をしていました。
イヤーチップの付け根の部分を上にしてそのまま耳の穴に、輪っかの部分は耳甲介腔に突っ込んで調整するのが公式のつけ方みたいです。
(動画は限定公開になっていたので、念のためリンクは張らないでおきます)

ただそれ以外の方法でも大丈夫です。
耳の大きさとか形状によってつけ方を変えれるのが良いですね。圧迫感のないつけ方を試せます。

僕はイヤーチップの付け根を下向きにして突っ込んで、耳珠側に回してフィットさせていますl

最終的には「Loop Quiet」の丸い輪っかの部分を耳珠対珠で挟んだような差し込み方になると思います。

引用:https://twitter.com/kindo3/status/743313960854650880/photo/1

デメリット

「Loop Quiet」自体のデメリットというより、耳栓という道具自体の欠点ですが、

・蚊の羽音が聞こえない!

ということに気づきました。
いつもは蚊のプ~ンって音に気づいたらスプレーしてるのですが、耳栓してるとそんな音はシャットアウトされてしまいます。刺され放題です。
一応、寝る前にワンプッシュ殺虫剤をしておけば大丈夫だと思いますが、窓を開けて寝るのはちょっと不安になりますね。

まとめ

装着の仕方が色々ある、洗って繰り返し使えるシリコン製イヤフォンの紹介&レビュー記事でした。

使い捨て耳栓のコストが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

ではでは

関連記事