アプリゲーム

【考察】もし、『伝説対決』じゃなく『Arena of Valor』でリリースされていたら

ふと思ったんですよね。

  • 『伝説対決』って名前ダサくない?

もし、伝説対決という直訳クソださタイトルでなければ、日本でもっとAOVが流行っていたかもしれないと、AOVプレイヤーなら一度は思った事があるでしょう。

なので今回は『伝説対決』が『Arena of Valor』という名前でリリースされていたらどうなっていたか、考察(妄想)していこうと思います。

そもそも『伝説対決』はどこから来たのか

『Arena of Valor』、という名前に『伝説対決』と訳される要素ないですよね。

一体『伝説対決』という名前はどこから来たのか!?

答えは、台湾サーバーの名前からだよです。

AOVの名前の歴史は

  • Marvel Super Heroes MOBA)
  • Realm of Valor
  • Strike of Kings
  • 傳說對決ーArena of Valorー
  • 伝説対決ーArena of Valorー

のようになっています。(主に海外のウィキペディアで調べました。)

最初のコンセプトはMARVELのMOBAだったのでMarvel Super Heroes MOBA。

http://atsumetaize.com/game/aov-marvel

その後路線変更し、αテスト時点で『Realm of Valor』という名前になったようです。ベトナムサーバー辺りで『ROV』と略されているのは、これの名残でしょうか。

一度『Strike of Kings』という名前になりました。ただどのタイミングでこの名前になったのかは分かりません。

台湾でリリースされるときに『傳說對決』という名前がつけられたようです。これを翻訳したので、日本は『伝説対決』になりました。向こうだとかっこいい名前なのでしょうか。

英名は最終的に『Arena of Valor』で落ち着いたようです。これもどのタイミングで定まったのかは分かりませんでした。

『Arena of Valor』でリリースされていたら

もし、DeNA辺りが

「『傳說對決』を『伝説対決』にただ訳すとダサいね。『Arena of Valor』だけでいこう」

と判断したら、どんな事が起こったのでしょうか。

新たな略称が生まれる

今の所伝説対決の呼び方は

  • 伝説対決
  • AOV(書く時)
  • えーおーぶい(声に出す時)

の3つですよね。

もし『Arena of Valor』だけなら、声に出すと長いですよね。

『モバレジェ』『非人』みたいな、略されててなんとなく内容のわかる名前が良いですよね。

例1:アオバ

リーナ ヴァラー」を取って、ヴァを発音しやすくしたもの。内容は分かりづらいですが、なんかそれっぽいですね。

例2:エオブ

「AOV」をそのまま英語読みしたような略し方。最初この略仕方を思いついたのですが、途中で思いついた「アオバ」のほうがきれいでした。

例3:アリヴァラ

アリーナ オブ ヴァラー」を取った略し方。日本語で略すならこんな略し方になると思います。「va」の扱いが面倒すぎる。

例4:アリヴ

アリヴァラをもっと略したやつ。ださい。

例5:伝対

伝説対決という短い名前を更に略したもの、今からでも縮められるけど、縮めたところでダサい。

まとめ

思いつきで書いた記事だから、AOV名前の歴史のほうがメインになってしまった・・・

日本で流行らす名前にするなら、日本特有の名前に作り変えたほうが早そうですね。
そうなった時どんな名前がふさわしいか、これはもう僕では思いつかないですね。

『魔剣伝説』はダサい名前でもそこそこ受け入れられているので、おもしろ広告で『伝説対決』も押し切ってほしかったと今になって思います。

もし英名が『Strike of Kings』だったら「ストキン」とか略されてたのですかね。ダサいけどなんとなく「ストライク」と「キング」が連想できる名前ですね。

なんだかんだ考えて、「AOVだけで良くね?」って気がしてきました。「伝説対決」なんてダサい名前さえ無ければ、口に出して読むと少し名前が長くなるくらい、どうでも良いような気がします。ネットでも呼び方が1つのほうが検索しやすいですしね。

関連記事